自己破産の正しい知識をここで学んで欲しい、1人じゃない、このサイトはあなたの味方です

自己破産サポート

自己破産のデメリット

 

自己破産のデメリット

まずは悪い部分、自己破産のデメリットから見ていきましょうか。自己破産のデメリットにはまず、一定の財産を失う。と言うことですね、自己破産による制限のページでもお話ししましたが、必要最低限以外の財産は失ってしまいます。ですが、金融庁のガイドラインで、差押禁止動産というものが決められていて、生活に必要な動産は残すことが出来ます。

次に、保証人に迷惑を掛けてしまうと言うことですね。もしも自己破産を行う際の借金に保証人が設定されている場合は、全て保証人の所に借金が回ってしまいます。サラ金やクレジットカードの場合は保証人をつける必要は無い為その必要はありませんが、ローンなど保証人を立てて借り入れを行っている際は保証人が借金を肩代わりしなければなりません。その場合、保証人が借金を返済できないと言うこともあり得ますので、保証人も自己破産を申請する、と言う可能性も少なくありません。
もし保証人を立てている場合に自己破産を行う際には、債務者が保証人にしっかりと事実を伝えなければなりません。それが義務だと言えるでしょう。

また、ブラックリストに載り、官報にも記載されてしまうと言うデメリットがあります。自己破産してしまうと、銀行などの信用情報機関にあなたの名前がブラックリストとして掲載されます。このブラックリストの情報は5〜7年経てば自動的に抹消されますので、抹消されたらまた借り入れが出来るようになります。

官報、と言いますのは、政府が発行する文書で、新聞みたいな感じですかね。自己破産すると、官報に破産した人の名前、住所が掲載されます。ですがこの官報、一般の人の目に入る可能性は限りなく低いので周りの人に知られてしまうと言う可能性は少ないでしょう。ですが、いつもこれを注視している人達がいます。ヤミ金業者です。ヤミ金業者は、この官報を見て自己破産した人達の住所を知り、ダイレクトメールなどを送ってくるのです。恐らく自己破産を行うと必ずと言っていいほどヤミ金からのダイレクトメールが届きます。その時は引っかからないように注意しましょう。

check

結婚指輪を金沢で買うなら

2017/5/25 更新