自己破産の正しい知識をここで学んで欲しい、1人じゃない、このサイトはあなたの味方です

自己破産サポート

自己破産について

まずは、自己破産について、どういったものであるか説明していかなければなりませんね。ある程度分かる人がいるなら特に見なくても構わないのですが、やはり知識を持っていない人というのも多少はいらっしゃるわけで・・・勿論、知識の無いことは悪いことではありませんよ?何せ自己破産というのは人生でそう何度も経験する物ではありませんし、もしもの時に備えて勉強しておく、と言う人はまず居ないでしょうから。というか管理人は少なくともしません。管理人は周りに自己破産をする人がいたから自然と少々の知識が身に付いただけですから。
[PR]

それでは、自己破産について説明していきましょうか。

自己破産というのはですね、借金を背負っている人(債務者と言います)が、多額の借金を抱えてしまって、返済の当てもなく、どうあがいても自分の持っている資産じゃ借金を返済できなくなってしまったときに、今自分が持っている必要最低限以外の財産、必要最低限以外の財産と言いますのは、例えば自宅、土地、物件、車などのことですね。これらの財産を全てお金に換金して、お金を貸している人(債権者と言います)に債務額に応じて全て支払い、公平に弁済をすることを自己破産と言います。破産自体の申し立てというのは、債権者側からも行えるのですが、自己破産というのは債務者側から自主的に申し立てる事を自己破産、と言うのです。

つまり、簡単に説明しますと、自分が何らかの理由でお金を借りすぎてしまったとしますよね?借りすぎたお金は返せるなら問題ないですが殆どの人が返すことは出来ないはずです。お金に余裕があるなら元々借金なんてしませんからね。その借りたお金を返せなくなってしまった場合に自己破産申告を行うわけですが、自己破産をすると自分の身の回りにある財産は殆ど差し押さえられてしまいます。ですが、ここで間違った知識を覚えやすい方が多いのですが、何も全ての財産が持って行かれてしまうわけではありません。「必要最低限以外の財産」が持って行かれてしまうわけですから、勿論「必要最低限」の財産は残るわけです。生活が出来なくなるくらい財産を持って行ってしまったら死ねと言っているようなものですからね。流石に国はそんなあり得ないことまではしませんから安心して下さい。

しかし、その必要最低限の財産、のラインがイマイチよく決まっていないらしく、車も必要最低限以外の財産として持っていかれたりしますし、逆に残して貰える可能性もあるそうです。どういった基準で決めているのかはよく分かりませんが、おそらくそれをいかに必要な物かと言うことをアピールすることが出来れば残して貰えるのかもしれませんね。

また、どうしても残しておきたい物があるならば、一度弁護士と相談してみることを強くお勧めします。弁護士に相談して、直接相手側と相談することが出来れば何とか守りたい財産を残すことが出来るかもしれませんから。勿論、家や土地を残したい、と言ってもダメですよ?あくまでも本当に無いと困ってしまう財産がある場合にだけ弁護士に相談しに言って下さい。家を残したいと弁護士に相談しても、無理ですと言われてしまうのが関の山ですからね。

Favorite

金融車の販売

Last update:2017/5/25